ホーム / 専攻の紹介 / 研究室・教員 / 材料解析化学分野

材料解析化学分野

有機・無機先端材料の物性や機能発現機構を解明し、より高度な機能制御を実現するための「マイクロ・ナノ分析システム」の創成を目指した研究を推進しています。

マイクロチップ上での分離手法を基礎とする総合化学分析システム(μ-TAS;Lab-on-a-Chip)の構築や次世代バイオナノデバイスの開発、キャピラリー微小分離法による高性能分析法の開発やポストゲノム研究として注目されているプロテオーム解析、メタボローム解析への応用、さらに超臨界流体分離法などの開発・応用に取り組んでいます。

教員

  • 教授:大塚 浩二
  • 准教授:久保 拓也
  • 助教:内藤 豊裕

研究内容

キャピラリー電気泳動の高性能化・高機能化

マイクロチップを用いる高速化学合成・高性能分離・高感度検出集積化システムの開発

高速液体クロマトグラフィー、フローインジェクション分析法の高性能化