ホーム / 専攻の紹介 / 研究室・教員 / 高分子機能物性分野

高分子機能物性分野

近年、ソフトマテリアルと呼ばれる物質(複雑液体と呼ばれることもある)の科学が非常に注目を集めています。ソフトマテリアルとは、高分子、ゲル、液晶、コロイドなどの柔らかい物質の総称です。ソフトマテリアルの重要な特徴は、通常の固体よりも弾性率がずっと小さく、非常にゆっくりとしたダイナミックスが現れることです。このような特徴を有するソフトマターは、学問的に興味深い研究対象だけであるだけでなく、工業的応用の観点からも非常に応用範囲が広い材料です。

本研究室では、主としてレオロジー的手法を用い、高分子ゲル、エラストマー、高分子液体、高分子ブレンドなどのソフトマテリアルの機能創出を目指した物性研究に取り組んでいます。

教員

  • 教授:浦山 健治
  • 准教授:堀中 順一

研究内容

レオロジー的手法を用いた高分子系ソフトマテリアルの物性解析

液晶性を付与したソフトマテリアルの物性解析と機能創出

天然高分子系ソフトマテリアルの物性解析と機能創出